明日は何をしようか?〜日々徒然

ゲーム好きが思うままにつらつらと 

私的 ゲーム音楽ベスト3<80年代編>

こんにちは!あずぽんです。

今回は、超個人的なゲーム音楽ベスト3<80年代編>をやってみようと思います。

これは、あくまで私の、個人的な偏見に満ちたものとなっていますのでご了承ください。

それでは、はじめましょう!

3位 スナッチャー

スナッチャーは、1988年にコナミからPC8801mk2SR以降用に発売されたサイバーパンクアドベンチャーゲームです。

オープニングからまるでアニメの様な演出で(と言っても、ほとんど動きません)、ゲームの背景の説明に入ります。

画像とともに文字を読み、理解するのですが、またおどろおどろしいBGMとともに深刻な事態であり、この世界への導入が自然にされる様になっています。

そして、ちょっと切ない、ノスタルジックに溢れたオープニングです。

オープニングだけでなく、全編通して、場面に適した絶妙な音楽が流れてきます。

ゲーム自体もとにかく名作です。

最近知ったのですが、メタルギアソリッドで有名な小島秀夫さんが監督していたものだそうです。

そうそう、続編が出るかの様な終わり方なのになぜ、、、、。残念です。

1位 ドラゴンクエストⅢ そして伝説へ

え?なんで2位は?と思うでしょうけど多分お分かりですよね(笑)。

まずは「ドラゴンクエストⅢ そして伝説へ・・・」です。これも1988年にファミコン用に発売された言わずと知れたドラクエシリーズの3作目です。

Ⅲの前の前2作とも素晴らしいのですが、やはり80年代としてはⅢが1位だろうと思います。

ドラクエⅡのフィールドの冒険画面の音楽も素晴らしいのですがやはり、Ⅲの一つ一つの音楽もさることながら、Ⅲで、Ⅰの舞台であるアレフガルドに上陸した時、アレンジされていますが、Ⅰの音楽流れてきた時は感涙ものですよ。私だけ?(笑)

ゲームの紹介は、、不要ですね。言わずと知れた名作です。

音楽はもちろんすぎやまこういち先生です。

1位 イース

もう一つの1位は「イースⅡ」です。

これも1988年に日本ファルコムからPC8801mk2SR等用に発売されたアクションロールプレイングゲームです。前年に発売されたイース(区別するためここではイースⅠと言います)の続編です。

もちろん音楽はイースⅠも素晴らしいのですが、イース1のエンディング直後からつながるイースⅡのオープニングが超絶かっこいいです。

何度もリメイクされており、PCエンジン版がいいと評判です。

またオリジナルであるPC8801mk2SR版を推したいところです。

2000年のイースⅡエターナルは、、あ、80年代なのでやめときます(笑)。

 

いかがでしたか?80年代の私的ゲーム音楽ベスト3を見てきたわけですが、いずれもゲーム自体が名作です。名作だから音楽も強く印象に残っているのか、名作だからこそ音楽も力が入って作っているのかわかりませんが、後者だと信じたいところです。

 

それではまた!あずぽんでした。